top of page

初詣

 ※1月1日に石川県能登地方を中心に発生した地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げるとともに、1日も早く心落ち着ける日が戻ってくることをお祈り申し上げます。


 からふるは1月5日(金)から2024年を開始しました。

 2024年の始まりは大きな災害や事故など平穏なお正月を打ち砕くごとく始まりましたが、からふるの子どもたちは皆元気に年始を迎えました。


 まずは恒例の初詣。氏神様の向日神社にみんなで行きました。

 コロナ禍では人が集まらないようにという配慮か、初詣の期間だけ設けられていた本殿前のスロープ設置がなかったり、鈴も触れないように本殿の柱にくくりつけられていたのですが、コロナが明けた今年こそ、元通りの参拝ができるかと思ったのですが…


 今年もやっぱりスロープ設置はなく、鈴も括りつけられていました。残念😔

 (調べたところ、お隣の長岡京市にある長岡天満宮も同じ対応だったようです)


 児童発達支援のこどもたちはバギーを降りて抱っこで本殿へ。

 自分の手でお賽銭を投げ入れることができました。



 1年間子どもたちを見守ってもらったお神札は社務所でお焚き上げをお願いし、新しいお神札を授けていただきました。



 放課後デイの子どもたちはさすがに本殿前には上がれず、即席お賽銭箱(眼鏡ケース!?)にお賽銭を入れて、管理者がみんなの分を代表して本殿まで届けました。



 みんなは本殿前の階段下からお参りしました。


 今年もみんなで楽しく健やかに過ごせますように🙏

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


Comentarios


アーカイブ

bottom of page