卒業記念遠足🍵

 3月31日に最終の通所日となったDさん。小さいころからの大親友であるMさんと一緒に宇治の「伊藤久右衛門」に卒業記念遠足に行ってきました。


 Dさんはからふるに通所し始めたころ、「お茶を飲むのが苦手」とお母さんから引継ぎを受けていました。

 ある日いつも用意する麦茶を切らしてしまい、たまたまあった市販ペットボトルの緑茶を飲んでいただくと、ゴクゴクと飲んでくれたのです。これにはお母さんもびっくり!😲

 もしかしたら苦みのあるお茶の方が好きなんじゃないかという単純な発想から、抹茶を飲んでみよう!と始まったのが、Dさん恒例のお茶会でした。


 Dさんに宇治で本格的なお抹茶を飲ませてあげたいとずっと思っていたのですが、折しもコロナ禍でなかなか出かけることも飲食することも難しく、本格的なお茶席は軒並み休止中で…。せめてカフェでお抹茶とお茶菓子ぐらい楽しめないかと最終日まで検討したのですが、感染者数もなかなか減らず、リスクを考えてやはり外食は諦め、代わりにお土産を買いに行くことにしました。

 おうちへのお土産と自分で食べるおいしいお菓子を購入し、大満足のDさん。

 Mさんは店内では観光客の多さにちょっと緊張気味でしたが、お店の人に試飲の宇治茶をいただき、2人ともゴクゴクとおいしそうに飲んでいました。さすが高校生ともなると、本物志向ですね🍵

 計画していたお茶席とはちょっと違う卒業記念旅行になってしまいましたが、思い出に残る旅行になったかな?

 大親友のMさんに見送られて、Dさんはからふるを卒業していきました。

 

アーカイブ