top of page

卒園式のこと

 4月になったらゆっくりと…と思っていたブログのアップ、気づけばもう4月も下旬になっていました💦 3月のからふるの様子を少しづつアップしていきます。


 3月、からふるは児童発達支援から1名、放課後デイから3名の卒業生を送りました。

 3月3日には児童発達支援の卒園式を行いました。

 今年の卒園生はYくん。

 3歳になる前に引っ越ししてきてからふるの仲間になってくれたYくん。大きな手術や入院もあって、どうなることかとハラハラしましたが、体調も安定して就学を迎えることができました。


 ご両親が見守る中、卒園証書を受け取り…

一緒の送迎車で通ったAくんが「おめでとう」と書かれた垂れ幕を開いてくれました。


 例年の卒園式は、『職員が卒園生を送る』という趣向が強かったのですが、今年はいつも一緒に過ごしてきたお友達が、いつもやっていることを披露して卒園生を送り出すという、まさに『こどもまんなか』の視点での卒園式になりました。卒園生だけでなく、在園生もいつもの朝の会の歌やあいさつを披露し、主体的に参加できたように思います。

 からふるは母子通園ではなく単独通園の事業所なので、普段子どもたちがどんな風に過ごしているか、保護者に見ていただく機会はあまりありません。そういった意味でも卒園式という児童発達支援の集大成の場で、ご両親にYくんがお友達の中でどんな風に過ごしていたかを見ていただけるいい機会にもなったと思います。


 小さかったYくんも児童発達支援の中ではすっかり頼れるお兄さんになっていました。

 さみしくなるけど、また放課後デイに来てくれることになっているので、長期休暇には一緒に過ごせるね。


 すでにYくんは入学式を終え、ピカピカの1年生として学校にもしっかり通い、放デイも休まず来てくれています。ホントに立派に成長したね!

 とっても遅くなったけど、Yくん卒園おめでとう! 放課後デイでもいっぱい楽しい時間を過ごそうね!

Comments


アーカイブ

bottom of page