top of page

もうひとつの「アレ」

 今年、関西で(いや、全国で?)「アレ」と言えば、阪神タイガースのアレ(A.R.E.)のことですが、からふるではこの秋から皆さんがすでに忘れてしまったであろうもうひとつの「アレ」が姿形を変えて登場しています。

 コレ↓なのですが、わかりますか?


 実はこののぼり、元はあの「ア○ノマスク」なんです。


 コロナ後に廃棄される予定だった「ア○ノマスク」を大量に送っていただきましたが、マスクとしてはほぼ需要がありませんでした。何とか有効に使おうと職員のみならず保護者からもアイデアを募り、Tちゃんママのアイデアで、からふる開所中であることを示すのぼりを作ることにしました。


 「アレ」を1枚ずつほどいてガーゼ状にして、子どもたちが1枚1枚色を染め、縫い合わせてのぼりにしました。

 「開所中」という意味で「OPEN」となっていますが、道路からみるとカフェが新装開店したみたいに見えないこともないんですが…


 今は年末休所中なのでのぼりは出ていませんが、開所日にはからふる前に「アレ」ののぼりがはためいていますので、ぜひ子どもたちの力作を見てくださいね!(雨の日は色落ちするのを避けるため、のぼりは出ていません。)


 ちなみにここ数年の卒業生の胸元を飾っているコサージュも、子どもたちが染めた「アレ」で作っています。


 まだまだ大量に「アレ」が残っていますので、これからもいろんな形に変えて有効活用していきます。

Comentários


アーカイブ

bottom of page