長岡天満宮のキリシマツツジ

お隣の長岡京市には、長岡天満宮という大きな天神さんがあります。毎年、この季節になると真っ赤なキリシマツツジが満開となり、圧巻の光景が見られます。 子どもたちにも見せてあげたいな~と思いながら、意外と満開の綺麗な時期が短いことから、去年もタイミングを逃がしました。 今年は桜の時期も早かったので、キリシマツツジもGW前には終わってしまうと思い、昨日放課後デイの下校時にRちゃんと一緒に寄り道してきました! 暑いぐらいのいいお天気で、八条ヶ池のほとりの木陰でおやつタイムしてきました。 既に見頃を過ぎて枯れ始めているところもあり、今日の雨でまた花が落ちてしまったかもしれません。行っておいてよかったです。 「美女とツツジ」というテーマで、Rちゃんのラブリーな写真もいっぱい撮れました。 今年はもう無理かもしれないけど、また来年、他の子どもたちにもこの光景を見せてあげたいなと思います。 #ブログ

イタドリ撲滅大作戦!

からふるの横には水路が流れており、幅1.5mほどの土手には春になるといろんな草花が芽吹き始めます。 その中でも群を抜く生命力で次から次へとにょきにょきと芽を出しているのがこれ↓ イタドリです。 裏の駐車場わきの土手はコンクリートで覆ってあるのですが、この有様です。 コンクリートの隙間からにょきにょきと!! 恐るべし繁殖力。 子どものころ、小腹がすくと道端に生えているイタドリをポキッと折って皮をむき、しがんでは口さみしさを紛らわせていましたが、今食べてみると、こんなに酸っぱかったっけ??と思うほど、酸味が強い(>_<) 昭和の子どもはたくましかったんですね…(^_^;) そういえば、子どもの頃食べていたイタドリは、アスファルトを突き破って電柱の脇やガードレールの下から生えていたな~と思い出しました。 思い出のイタドリがこんなに厄介な植物だとは思いませんでした。 去年はあっという間に一面を覆い尽くし、1メートルほどの背丈になってしまっただけでなく、冬場には立ち枯れて木のように固く鋭くなり、ケガをする恐れもあるぐらいになってしまいました。 今年は芽が小さいうちに毎日少しずつ草刈りをすることにしました。 今のところは何とか背丈が大きくなる前に撲滅作戦成功中ですが…毎日続けられるかな~? 日曜日には、アスファルトからにょきにょき出ていたイタドリをどなたかが刈り取ってくださっていました。 この恐ろしい繁殖力を見ていると、蓋をしても思い出される嫌な記憶とか、見たくない物が隙間から垣間見えるのを象徴しているような気がして、何か複雑な気分になります…(-_-;) そしてイタドリの隙間にはこんな植

かわいい窓辺になったよ❤

からふるは西側に細い窓がいくつか並んでいます。 ところが西側なので放課後デイの子どもたちが帰る頃に西日が差しこんで、ちょうど車椅子の子どもたちの顔あたりがまぶしいというデメリットが! カーテンやブラインドをつけるには幅が細いので、昨年の開所式の際職員が暗幕代わりに作製したダンボールカーテンを流用してきました。 窓枠にコの字型の段ボールをはめ込み、取り外しもできて便利です。 ところが使用していくうちにダンボールのコの字の折り目が緩んできて、ふとした隙に落下するようになりました。 子どもたちが寝ている時に顔に落下してきたら大変! 落下防止のゴムを取り付けましたが、なんか野暮ったい… そこで立ち上がってくれたのがこの春JKになったHさん。 いつもおしゃれでからふる女子の憧れのお姉さんが、ゴムにビーズを通してくれました。 最初はゆっくりゆっくりビーズの穴にゴムを通していたHさんでしたが、日に日にスピードアップし、最後にはすぐに1本完成してしまうぐらいのペースに。 そして完成したのが… さすが、からふるのおしゃれ番長! おかげで窓辺がとってもかわいくなりました(*^_^*) ありがとうね、Hさん。 #ブログ

明日から新学期

長かったようで短かった春休みも今日で終わり。支援学校は明日から新学期が始まります。 春休みに入って一気に暖かくなり、お散歩に出かけたり、お花見に出かけたりしました。 からふるは多機能型の事業所ですが、普段は児童発達支援と放課後デイを別時間帯に開設しています。しかし長期休暇の時だけ年齢層の違う子どもたちが一緒になる時間帯があり、いつもより賑やかになります。 大きいお兄さん、お姉さんと朝の会で握手してもらって、児童発達支援の子たちも大喜び。 お兄さん、お姉さんたちもやさしくちびっこの事を見守ってくれていました。 3月の終わりには屋内遊園地に出かけた子もいました。 実はからふるから一番近くにあった桂の屋内遊園地が2月で閉店したよと元職員が教えてくれて、思い切って宇治までちょっと遠出をしてきました。 車椅子での入場や中学生の利用もこころよく受け入れて下さった遊園地だったのに、閉店はとても残念です。 宇治まで出かけるのはちょっと思い切りが必要でしたが、子どもたちが喜んでくれてよかったです(*^_^*) 近場では、向日市の図書館にも出かけました。 紙芝居やCD、大型絵本などを借りてきました。 からふるでは今、イチゴを育てています。 Hさんが代表してイチゴの苗を買いに行ってくれ、Mくんが肥料をやってくれました。 図書館では「おいしいイチゴの育て方」という本を借りて来てくれましたよ。 うまく育ったら、みんなでおやつに食べようね! しばらく短縮授業が続くので、まだまだ賑やかなからふるが続きます。 相変わらず体調を崩している子が多いです。環境の変化もある時期なので、無理なく楽しい活動ができるように

桜満開

向日市近辺の桜は、月曜日の日中に一気に満開になりました。この1週間は晴天続きだったこともあって、お花見三昧の毎日でした。 これは向日市民体育館横の東院公園前の桜!! そして阪急西向日駅前の住宅街に連なる「桜の径」 からふるは立地環境はいいのですが、唯一の悩みが子どもたちが歩いて行ける距離に公園が少ないこと。 特に歩行が課題の児童発達支援の子どもたちの脚で歩ける距離でお散歩コースを考えるのが職員の悩みの種です。 でも、桜の季節は阪急西向日駅周辺へのお花見がちょうどいいお散歩コースになっています。 向日市民体育館前の広場では大勢の人がお花見をしていました。私たちも桜の下でおやつタイム。 しばらく晴天が続きそうです。今週もお花見に行けるかな? #ブログ

一般社団法人

 (おとくに)

©2016-2020 by Colorful Otokuni.

 Proudly created with Wix.com.